読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRICKSTER

病気がちで音楽好きののしりこの日常ブログなのかもしれない。

【SKY-HI】クロノグラフMVが公開されたので、私の「クロノグラフ」の曲の感想

SKY-HI 日高光啓 音楽 音楽レビュー

昨日(2016年3月28日)にSKY-HIの「クロノグラフ」のMVとジャケ写が公開されました。













クロノグラフのMVを何回か見ての曲の感想です。





まず、私的にはクロノグラフは幻想的で温かみと切なさが混じった曲です。

懐かしい思い出のあるアルバムを覗き込んでいる感じ、夏の涼しげみたいな。
透き通った湖を見ているような錯覚を感じて。

白いワンピースとか古びたアルバムとかイメージが浮かんでくる。


透明感のある曲でメロディーはとても好きです。曲調だけだったら、今までのSKY-HIの曲調の中でベスト5に入るかも。



ただ、日高くんの歌声と似合ってなくて違和感ある曲になってしまい、とても残念なのですが。
そこはこの前にnoteにて書いたので今回は省略します。

だけど、MV見て聴いてもやっぱり歌声と合ってない感が。違和感が感じてしまって。








まず、いいと思ったところは、女性のバックコーラスが入っているみたいに聴こえたので、そこでしょうか?
とにかく、コーラスが綺麗でした。

これからの曲にも女性のバックコーラスはどんどん入れていって欲しいです。
日高くんの歌声にとても似合っているので。





それと、今回の「クロノグラフ」ではピアノの音が積極的に入ってくるので、そこも素敵だなと。
やはり、私はピアノの音に弱いので。ピアノの音が大好きなので。

あとはバイオリンみたいな音も好き。なのに現代的な感じがして好きです。


今回の「クロノグラフ」には音自体に違和感はあまりなくて、好きです。









私的にこれはどうなのかと思ったところは今回の「クロノグラフ」では結構ありますね。






まず、新曲「クロノグラフ」の曲の中で音が無音(?)の時が瞬間的にあるのですが、今回の楽曲も微妙な時にあったりして。
息継ぎがない曲に聴こえる現象がまた起こっていて。

SKY-HI楽曲にはこういう曲が多くて、例に上げるとしたら「Seaside Bound」なのですけど。
あれも息継ぎない曲でしかもアップテンポという、とてもある意味「先走り過ぎな」日高くんらしい曲になっています。

けど、今回のクロノグラフでは良くない方向へと聴こえてしまう。
他のアーティストではあまりそういうのは感じないのですが、SKY-HI楽曲はとても息継ぎがないのが伝わってくる。





次に今回の新曲の「クロノグラフ」には私的に繋ぎが微妙。


例えばですけど、サビから間奏へと繋ぎの部分のタイミングや変わる瞬間が微妙…というか早過ぎるのですよ。全体的に。
もうすこしゆっくりのがいい気がしてしまう。


音が無音になる瞬間をその時にもっと入れたほうが私的にはいい気がする。



そして、クロノグラフの曲調に Rapパートが邪魔なときがある。というか合ってない。
もうちょっとRapパートのキーが低かったらよかったのかもしれない。

私の耳にはRapパートがしつこいって思ってしまう。説教を聴いているみたいに聴こえてしまう。



今回の「クロノグラフ」では「ah~ha」と歌っていることが多いです。使用率高めな気が。
サビを歌い終わったときとかに。

この曲に「ah~ha」が合わない。
というか、他にも違うのを入れてみたらもっといい曲になれる気がするのですよね。









にしても今回のクロノグラフになんでタイアップとかそういうのを付けなかったのか不思議ですね。
カップリングにタイアップ付けるとかって言われても。



だったら、両A面シングルにしちゃえばいいじゃんと思ってしまいます。






国民的存在になるための第一歩の曲が「クロノグラフ」か。

果たしてそれは国民的存在への道に一歩踏み出せるのか。




SKY-HIを見守っていきたいなーと思いながら、このへんで終わらせていただきます。





クロノグラフ(?LIVEメイキング盤-)(CD+DVD)

クロノグラフ(?LIVEメイキング盤-)(CD+DVD)

クロノグラフ(CD+DVD)(?Music Video盤-)

クロノグラフ(CD+DVD)(?Music Video盤-)

クロノグラフ

クロノグラフ