TRICKSTER

病気がちで音楽好きののしりこの日常ブログなのかもしれない。

【ヒップホップ】ヒップホップ苦手な人が見るフリースタイルダンジョン#27 【苦手克服】

今回は「ヒップホップ苦手克服するためにフリースタイルダンジョンを見てみる」という記事です。





以前から私はヒップホップが苦手で、普段はSKY-HI以外はほとんど聴かないのでSKY-HIをきっかけに苦手克服しようと思いまして。
何故ヒップホップが苦手かと一言で言うと「低音ボイスで歌っていて怖い」からです。


せっかくだから、SKY-HIがエンディングを歌っている「フリースタイルダンジョン #27」をとりあえずYouTubeにて見ることにしました。






「フリースタイルダンジョン」という糞ダサいロゴから始まるフリースタイルダンジョン。
モンスターというプロラッパーの方々と挑戦者がフリースタイルで戦うのが趣旨らしいです。





とにかく、全て見て思ったことは全体的に雰囲気がダサいな気が。
ダサいってあれね、文字とかスタジオのセットとかね。

あれは…誰がデザインしたのですかね。ドン引きというかあれじゃ新規開拓(ヒップホップ好きじゃない人)難しいと思うけど。
ヒップホップ好きな方はああいうデザインが好みなのですかね?
ちょっと…私はあの感じはダサいと思ってしまいます。




それとナレーションが微妙です。
なんだろう、違和感を感じるのだよね。
「フリースタイルダンジョンにはこの人の声のナレーションは合わないのでは?」と思いました。




私にはみんなが「いえーい」って盛り上がっている意味がわからなくて面白さが伝わらないというか。
初心者の私にとって後の解説で若干伝わるっていう感じ。
とにかくフリースタイルで韻踏んだりしてバトっているだと思うのですけど、全くわかりません。

本当に身内向けの番組だなーとずっと思って見ておりました。






意外だったのはR指定さんはステージ(?)に立つと怖いのだけど、普通に喋っていると良い人オーラしか出てこないという真逆っぷりにビックリ。
他の方も普通に喋っていると面白い人達なのですけど、あのステージ上だと怖いイメージです。





そうそう、私的にラッパーの方のファッションが同じような格好で区別がつかなくて。

せめてモンスターと挑戦者の区別ができるように格好とかでわかるようにしてくださったら嬉しいなと。


(何せSKY-HIが黒髪に染めてからSKY-HIではなく同じAAAメンバーの末吉秀太くんにしか見えないくらいの区別できない人なので)





最後の方に出ていた方々はおそらくリリース予定だからって歌っていたのだと思いますが、ステージを変えたほうがいいかと。
なんだか見ていて分かりづらかったです。






ヒップホップ(というかフリースタイル)が敷居が高いというのが印象がただ残ってしまいました。

フリースタイルのどこがいいのか今の私には伝わらなかったです。




でも、フリースタイルが大好きな人にとってはいい番組なのでしょうね。

私がハロプロYouTubeの番組のハロステ見てニヤついているのと一緒だと思えば!





もうちょっとフリースタイルダンジョン…というか初心者のためのヒップホップ曲を聴いたり、ヒップホップなどで使われる用語のことを勉強してから見るべきだと思いました。
初心者向けではなかったですね。




ヒップホップ苦手克服するために日々、これからも徐々に頑張っていこうと思います。