読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRICKSTER

病気がちで音楽好きののしりこの日常ブログなのかもしれない。

【SKY-HI】2013年8月7日はSKY-HIのメジャーデビュー日

今回はSKY-HIがメジャーデビューして3周年というわけで、SKY-HIのことについて久々にブログに書きます。





といっても、「SKY-HIメジャーデビュー3周年おめでとう!大好き!」みたいなブログは他の方々に任せて、私は違うテイストで書きますね。






SKY-HIは2013年8月7日に「愛ブルーム/RULE」でエイベックスよりメジャーデビューをしました。



愛ブルーム / RULE (SG+DVD)

愛ブルーム / RULE (SG+DVD)


当時の私はまたAAAのことも知らなかったころで、2013年の8月7日辺りは音楽だとハロプロに再度ハマろうとしていた頃でした。あの頃かー、懐かしい。




私はSKY-HIがメジャーデビュー3周年というのが信じられないというか、リリースペースが早くて3周年の時点でアルバム2枚リリースをし、シングルは7枚リリース。
メジャーデビューから3周年でAAAとしても活動しながらこれだけCDリリース出来るのは凄いなとつくづく思います。



メジャーデビューから現在に至るまで日高くんは色々な困難に立ち向かってきたなとインタビューサイトなどを見て思います。





曲作りのスランプに陥って9ヶ月もの間もがいて作り上げた「スマイルドロップ」の制作話や、


とにかく一曲に対してトライアル&エラーを繰り返して。しかもその期間が9ヶ月/182テイクにも及んだんです。漠然と作るのではなく、自分の中のOKラインが明確に見えていたんだけど、そこに辿り着くまでがとにかく大変で、地獄のような9ヶ月を経験することになりました(中略)正直、『出来た』とは思ったけど、大きな手応えはなかったです。だけど、“スマイルドロップ”が出来て以降、どうやって曲を書いても、ちゃんと自分の納得のいく歌詞が書けるようになったんです。


(引用元:SKY-HI(前編)|INTERVIEW[インタビュー]|Amebreak[アメブレイク]

スマイルドロップ (CD+DVD) (TypeB)

スマイルドロップ (CD+DVD) (TypeB)




今年の4月の頭に5年も放置された喉の病気の手術をし、新曲「ナナイロホリデー」を手術前に予め作っておいた曲を術後の変化により作り直したとかいう話をインタビューとかで読むと、日高くんがさらっと言っていることが実はとても大変な困難の壁で乗り越えるのに辛かっただろうに簡単にペロッと言うところが日高くんらしいといいますか。



喉の手術後、しばらく音楽を作ることができなかったじゃないですか。声を出せないから。そういう時間を経て、また歌いながら音楽を作れるようになったときに、すごく大きな幸せを感じたんですよ。

で、そう感じたことによって、そんなふうに自分が作った曲を持って仲間と一緒に全国をまわった2月から3月にかけてのホールツアーは本当に幸せなことだったんだ、と強く思って。

その幸せをテーマにして作り直したくなったんです。わかりやすく言えばデモの「ナナイロホリデー」は楽しい曲。リリースされる完成バージョンの「ナナイロホリデー」は幸せな曲。そういう感じかな。

(引用元:Part.2 SKY-HIが音楽をする喜びを噛み締めたことで生まれた曲【1万字インタビュー】 – 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック)

ナナイロホリデー(DVD付)(LIVE映像Ver.)

ナナイロホリデー(DVD付)(LIVE映像Ver.)







日高くんには色んな人に愛と優しさを振りまくSKY-HI的な紳士な心と誰も止められないような勢いがありますよね。


まぁ、その勢いが良すぎてたまにツイートとかで問題起こしちゃうのですけどね。




でも、日高くん以上にこんなにも感情が豊かな人物ってなかなかいないと思います。すぐに表情に出やすいですし、喋っているときの声のトーンで「日高くんは今はとても楽しいのねー。」とわかりやすい。ずっと見ていて飽きない魅力的な人物です。


日高くんのツイートも勢いツイートはよくないけど、その勢いツイートも感情が豊かだからそういうツイートしてしまうというか、面白い人ですよね。




本当に日高くんって人間味溢れる人物だなーと毎回思ってます。
Twitterでもライブやイベントとかインタビューとかでもどこかしら熱い情熱を持った勢いがある人物。
目つきとかギラついているときとかもありますものね。




メジャーデビューから現在に至るまでの日高くんはファン目線から見てもSKY-HIとして成長してきましたよね。

前よりライブ動員数が増えてきたり、SKY-HIの名前が前よりも知っている方が増えていたりとファンの私たちから見ても確実に一歩ずつ前進しておりますよね。




今後のSKY-HIとしての課題はたくさんありますが、日高くんがSKY-HIとしてやりたいことを仕事で心から楽しくやれるように私は願っております。



私的には日高くんは嫌らしいですけど、コンセプトミニアルバムを制作してほしいのですけどね。
フルアルバムじゃ出せない雰囲気のミニアルバムをリリースしてほしいというか。

オール新曲でミニアルバムをリリースして、そのミニアルバムの雰囲気を出したコンセプトミニアルバムホールツアー的なことをしてほしいなーと。ライブ演出にも拘って。






とにかく、「SKY-HIって本当に人間味溢れる面白いアーティストさんですよ」と書きたくて書いたSKY-HIのメジャーデビュー3周年記念記事でした。





日高くん、おめでとう。